ラブホの歴史

Sexy girl lying on the sofa

ラブホテルはいつからできているのか、もともとは江戸時代の連れ込み宿が発祥だと言われています。
連れ込み宿とは、主に玄人、遊女などを連れ込み性的行為をするための宿です。
そこから恋人や、夫婦などが愛を深める場所として発展していく事になります。

不思議なのはいつから宿からホテルへと変わったのかというところです。
今ラブホテルと聞くと一般的には西洋風のお城の形を想像したりします。

なぜこのような派手な外見になったのか、それはちょうどバブル時代にそのイメージが出来ました。
利用目的が性交目的だけの場所とはさすがに大きく宣伝することができないために、他のホテルと外見的な差別化を図るためにこういった形になったと言われています。
言わなくても一目見ただけでラブホテルとわかる風貌にすることで、利用者にも使いやすい環境作りができています。

また他のホテルとは違い、室内の開けびっくり玉手箱感を大切にしています。
サウナがあったりジャグジーがあったり、中にはプラネタリウムがあるところもあり、年々豪華さをまして来ています。

なので利用客も、性行為だけが目的ではなく、そこで少し遊んでいく、施設を利用して遊ぶというのも増えきています。
また女性の友達同士で利用し、普段とは違う、非日常な空間でお酒を飲んだりして遊ぶというのも流行りだしています。

そんななか、最近のラブホテルは予約ができる、までに進化してきました。
予約をすることで、恋人たちの素敵な記念日やイベントの日などに使えるようになってきました。
これでまた利用客も使いやすい環境が揃ってきました。
年々内装だけでなくサービスの向上をしているラブホテル、これからどのような進化をしていくのかが楽しみです。

独自文化

Sexy body

このラブホテル、日本の独自コンテンツとしても有名であり、海外でも人気のスポットの一つです。

恋人たちが人目を忍んだり、二人だけの空間を大切にしたいはずなのに、繁華街のようなまばゆいネオンの光の中にあったり、またラブホの横はまたラブホがあり、そのラブホ街は眩しく自己主張が激しい場所になっています。
そして中に入れば非現実な照明達、サウナやジャグジー、プールがある所まであり、もはや一つのアミューズメントパーク、もしくは健康ランドのような内装があります。
そんな大変遊べるホテルにもかかわらず利用料金のお手軽さ、こういった特異な文化と言うのが外国からは高い興味を抱かれています。

また内装も、牢獄、学校の教室、宇宙船、地下鉄の車両など様々な内装があります。
衣装なども用意してあり、各種様々な衣装が用意されています。
そんな摩訶不思議な国日本、海外からは「さすがHENTAIの国だぜHAHAHA」という評価もありながら、外国人観光客が宿泊に利用することもあります。

外国人の目線ではそんな面白いホテル、ましてや和製英語の「ラブホテル」という単語も相まって、独自の日本の文化として見られています。

しかし文化というものは、そこの民族が欲求を満たすために発展していくものです。
様々なニーズが重なりあい、1つずつ積み重なったものが、このラブホテル文化です。
そのニーズの中に、予約の機能や、サービスの向上などもあり、日本の勤勉さも相まった結果だと言われています。

Kissing couple

憩いのスペース

Sexy girl lying on the bed

町田のラブホテルには部屋にもよりますが露天風呂もついてます。とってもゆっくりできる空間で過ごしやすいですよ。

ラブホテルの料金は、場所によってかなり違います。関西ラブホテル料金も、所により違うので、入る前に確認しましょう。

ラブホテルとは恋人たちの憩いのスペース、現代の宿木と言われています。
普通のホテルとはすこし違い、宿泊だけでなく休憩と言った短時間だけ立ち寄ることができたりする宿泊施設です。

名称も様々で、ファッションホテルや、アミューズメントホテル、レジャーホテルと露骨な名称を避けて表記するところもあります。
ですが一般的にはラブホテルという名称で言われています。

全国的に見るとだいたい3万件ぐらいはあると言われていて、一日の利用客はなんと100万人以上に達するという人気ぶりです。
ホテルの内装も様々で、普通のモーテル風のところもあれば、ビジネスホテルのような内装もありますが、地下鉄の車内風だったり、学校の教室などバラエティに富んだデザインも多くあります。

少し他のホテルとは違い、現実と切り離してくれる不思議な空間を演出してくれるのが利点となっています。

そのラブホテルですが、最近では予約して行けるところがでてきました。
以前はその日に入りその日に受付、というのが主流でした。
しかし今は予約して宿泊することができるので、日にちを指定したり時間を指定でき、部屋も先におさえておくことができるようになってきました。
そのおかげでスムーズな案内もでき、恋人たちの一つの障害がなくなりました。

使いこなそう

Girl wearing white underwear

ラブホテルが予約できるようになり、旅行などで強い味方になってきました。
恋人との旅行で、宿泊代を少し抑えることができたりするので、恋人たちの強い味方になってきています。

予約をしておくと行きたかったラブホテルにもスムーズに入れますし、人気の高いホテル、部屋などを抑えることができます。
ラブホテル予約というのは色々な欲求をスムーズに解決してくれる便利で使いやすい方法です。

また初めての人でも予約をすることでスムーズに入れ、恋人達のストレスが軽減されます。
こういう所でデートの円滑化がはかれていき、恋人との関係が円満になっていきます。

このようにラブホテルは独自の進化を遂げて着ました。
予約をして宿泊する。
この流れは普通のホテルと何ら代わりはありません。
こういった進化の流れにも、経済状況、社会的な状況に流されてきた証拠でもあります。

これからはどんなラブホテルの未来が待っているのか楽しみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加